2010年08月03日

オプティマスプライム ブラックバージョン( アニメイテッド) Animated Optimus Prime black version

トランスフォーマーミュージアム限定、アニメイテッド オプティマスプライム ブラックバージョン(ヴォイジャークラス)をなんとか購入。

会場では以下のように展示されていました。
P1600325.jpg

とりあえずパッケージを紹介します。通常版をモノクロにしただけ?

P1600554.jpg
P1600556.jpg
P1600559.jpg
P1600558.jpg
P1600557.jpg
P1600555.jpg
開封したいですが、飛行機の時間がせまっているので、今回はここまで!
posted by tf-tf at 15:56| Comment(0) | TrackBack(0) | TF玩具レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年07月02日

ジェネレーションズ ドリフト

海外ではクラシック→ユニバース(通称クラシック2.0)と続いてきた、G1のリメイク主体のシリーズが第3のステージへ!

P1580624.jpg

新シリーズ名は、ジェネレーションズです。

第1弾はすべてデラックスクラスで、ゲームのウォーフォーサイバトロンからオプティマスプライム、バンブルビー。
日本ではゲンテイ!で出たスラスト(これのみ新規ではないです。アソートは4種なので、数あわせっぽいチョイス)、そしてこのドリフトの4種がラインナップ。

というか、現在情報が明らかになっているのはすべてデラックスクラスです。ユニバースのときも新規デザインは全部デラックスクラスだった気がするので、デラックスクラスのみというシリーズになったのかもしれませんね。ガルバトロンがヴォイジャークラスで出なかったのはそういうせいか。
<追記:ユニバースのときにはヴォイジャー インフェルノ、ウルトラクラスのパワーグライド・オンスロート・シルバーボルトがあったのをすっかり忘れていました! ブラックバーン様、ご指摘ありがとうございます。よく考えたらインフェルノのリデコでグラップルが出るというハスブロ情報もあったんでした>


余談はさておき、新キャラのドリフトの紹介をしてみます。

まずはパッケージ。

P1580602.jpg

とんがったカットがある、より複雑になったパッケージデザイン。
売り場でボロボロになりそうですね・・・。

P1580603.jpg


P1580611.jpg

「侍」って堂々と書かれています。

P1580610.jpg

デラックスクラスらしく、リアのランプはクリアパーツでなく塗装処理。
ナンバープレートの遊びがなくて残念です。

P1580618.jpg
クラシックスバンブルビー、ユニバースプロールと比較。ドリフト、でかいです!

P1580617.jpg
その辺にあった最近の車TFと集めてみました。部屋が駐車場に!!

P1580620.jpg
剣の収納方法はおなじみの方法。(横のはオルタニティ メガトロン ブルー)

ドリフト、変形!
リアウィングのL字ジョイントがややはずしづらいです。力任せに無理矢理はずすしかないようです。
それと、足の変形のジョイントにクリアパーツが使われているので、将来破損がやや不安かな?

変形は最近の作品にしてはかなりシンプルです。だがそれがいい!

P1580623.jpg

侍、参る。
P1580626.jpg
昨年から、サムライTFが続きますね。
左はオルタニティ メガトロン シルバー。右はN.E.S.T.ブラジオン。

P1580627.jpg
チャンバラでブンドドー(ごっこ遊び)です。

かかとが可動しないので、あんまりアクションポーズで固定できないのが残念。

P1580628.jpg
上に貼ったジャケ裏にも出ていますが、剣は一応両手持ちできます! こういう配慮はうれしいですね。
剣には「天下無双」という漢字が書かれています。

P1580629.jpg
腰には脇差しっていうか出刃包丁みたいな剣が2本刺してあります。ブレードは銀塗装されてます。
どっちかというと天下無双剣を銀塗装してほしかったような気も。

P1580631.jpg
集光ギミックは、後頭部ではなく脳天からになっています。バイナルテックレーザーウェーブとかこんな感じでしたよね。
採光窓は小さいですが、目はかなり光って見えます。

同時発売のオプティマスプライムも同様になっているので、脳天からの採光がジェネレーションズの基本になるのかも??
(バンブルビーは脳天から後頭部にかけて採光窓になっていますが、目が塗りつぶされていて意味ないという)



ところで、日本のTFファンには「ドリフトって誰?」って感じですが、IDW社のアメコミでやたら出番の多い新キャラです。

セイバートロンモードを出したり、アメコミのキャラをラインナップするとか、スカージを出すとか、ジェネレーションズのコンセプトは、ハスブロ主導のシリーズ「タイタニウム」を彷彿させますね。
タイタニウムはハスブロ設計でクオリティの面で物足りなく、「このキャラが新規変形玩具で手に入るなんて!」という部分で楽しむものでしたが、ついにタカラトミーの神設計で、立体化に恵まれなかったキャラにスポットライトが!

P1580633.jpg
IDW社「トランスフォーマー オール・ハイル・メガトロン」第4巻より。再現度がすごい!!
同様に、背中に天下無双剣をアタッチできます。

P1580605.jpg

P1580639.jpg
IDW社「トランスフォーマー オール・ハイル・メガトロン」第3巻より。

再現度がすごいといっても、劇中ではセイバートロンモードなので、四角い謎ビークルに変形します。
とはいえ、車体中央がフロントからリアにかけて盛り上がっているとか、リアウィングとか、共通モチーフが見られますね。

フロント下部のラインがずれているので、最初設計ミスかなとも思ったのですが、この盛り上がりの再現のためなのかな?

同じくIDW社「トランスフォーマー オール・ハイル・メガトロン」第4巻より。
P1580642.jpg

P1580641.jpg

パーセプターとの愛のシーン(違)も再現可能!?

パーセプターもジェネレーションズで出るらしいですね。
顕微鏡ではなくてハーフトラックだそうですが。でもロボットモードがアニメやコミックに似ているならそれでいい!



というわけで、ジェネレーションズ ドリフトでした。

ちなみに同型でブラーも出るそうです。
顔は別のモールドになり、剣ではなく、ライフルと二丁拳銃になるそうです。

顔はそのままもブラーとして通用しそうな気もしますが、ちゃんと作ってくれるのはうれしいですね。

ちなみにIDWのコミックでは思いっきり競演。
同じくIDW社「トランスフォーマー オール・ハイル・メガトロン」第4巻より。↓

P1580643.jpg

でも、ブラーはフューチャーカーというイメージがもっとも強いキャラクターなので、フツーのスポーツカーになってしまうのは残念。

2010のビークルは、当時「未来の地球の車」としてデザインされたのだと思いますが、映像作品の未来カーの例に漏れず、未来過ぎるデザインなので、いまとなってはセイバートロンモードだと解釈されがちですね。

ジェネレーションズ、集めるのが楽しみなシリーズです!
日本でどう発売されるのか、早くアナウンスしてほしいですね。
クラシックスやアニメイテッドはものすごく待たされましたが・・・。
posted by tf-tf at 05:30| Comment(4) | TrackBack(0) | TF玩具レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。