2010年09月07日

実写版トランスフォーマーEZコレクション海外版との比較 TF Movies: EZ Collection and Legends class comparison

EZコレクションvol.3を手に入れたので、手元の海外版と比べてみました。
成型色がけっこう違います。(写真なので見づらいのですが、ラヴィッジ以外は実物を見るとパッ見でぜんぜん違うのがわかります)

すとれーとさんのEZコレクション祭りに参加したかったのですが、諸事情により更新できませんでした。


どれも、海外版のほうが、デラックスクラスの玩具の成型色に近い気がします。

スコルポノック。
左:タカラトミー(日本)版、右:ハスブロ(海外)版。
Scorponok
Left: Takara, Right:Hasbro
P1610897.jpg
アームなどに使われているグレーが、海外版はやや黄色がかった成型色で、日本版はラメ入り?の薄いグレーです。
日本版の方が安っぽいかな。
私の持っている海外版、しっぽが壊れていることが判明! ショック。最初から壊れていたのか、いつの間にか壊れたのかは不明。みなさんもお気をつけください。


ボーンクラッシャー。
左:タカラトミー(日本)版、右:ハスブロ(海外)版。
Bonecrusher
Left: Takara, Right:Hasbro
P1610895.jpg
日本版の方が明るく、からし色みたいになっています。
これも海外版のほうがいいなあ。


ブロウル
左:タカラトミー(日本)版、右:ハスブロ(海外)版。
Brawl
Left: Takara, Right:Hasbro
P1610894.jpg
日本版の方が緑が深いです。この違いはとてもわかりやすい。
これも海外版の方がデラックスクラスやリーダークラスの玩具の色のイメージに近いです。

ラヴィッジ
左:タカラトミー(日本)版、右:ハスブロ(海外)版。
Ravage
Left: Takara, Right:Hasbro
P1610893.jpg
日本版は黒っぽく、海外版はやや灰色がかっています。
今回紹介したアイテムで、これだけパッと見で見分けがつきづらいです。


それぞれ、塗装マスクは同じらしく、塗装箇所については特に違いは見受けられませんでした。
というわけで、成型色の違いだけっぽいので、ロボットモードでの写真はあえて撮りませんでした!(←TFブログにあるまじき姿勢!)

EZコレクションVol.2と3は未入手なので、その他のキャラの比較ができないのが残念。
やはり成型色が違うんでしょうかね〜?
posted by tf-tf at 11:37| Comment(2) | TrackBack(0) | TF玩具比較 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらではお久しぶりです。

海外版とかなり違うんですねー、ボーンクラッシャーなんて同じだと思ってましたよ、勉強になります。
数年前のアイテムなので、海外版を持ってる人も多いから
意図的にカラーを変えているのでしょうね。
そう言えばEZVol.2のアイアンハイドは窓の色が海外版と違ってました。
Posted by 付喪 at 2010年09月07日 23:08
付喪さん、コメントありがとうございます!

今回の記事の動機は、1にブロウル、2にボーンクラッシャーの日本版の成型色に違和感があったからなんですね。
アイアンハイド、窓のカラーが違ったのですか!

ほぼ同時発売だった、リベンジオプティマスとかの成型色も違うんですかね〜。
アーシーはピンクな海外版しか持っていませんが、写真を見ると、ピンクというより赤っていう感じがします。
Posted by tf-tf at 2010年09月08日 11:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。